胃腸科・肛門科・内科
医療法人社団悠啓会 いまにし胃腸肛門科
〒262-0015
千葉県千葉市花見川区宮野木台3丁目28-6

TEL: 043-284-3101

痔・肛門の病気

痔の種類

いぼ痔

肛門の中の粘膜の静脈が腫れたり、静脈周囲の組織が緩んでできたものです。
以下の3つに分類されます。

①血栓性外痔核

①血栓性外痔核

肛門の外側の静脈に血栓(血のかたまり)を形成したもの。

②内痔核

Ⅰ度肛門の奥の粘膜の静脈が腫れたもの。
Ⅱ度内痔核が排便時に脱出するが、自然に戻るもの。
Ⅲ度排便時に脱出し、指で押し込まないと戻らないもの。
Ⅳ度常に脱出しており、押し込んでも戻らないもの。

③嵌頓痔核

内痔核が出たままになり、急激に腫れたもの。

きれ痔

①裂肛

硬く太い便がでるため、肛門上皮に切り傷ができたもの。

②肛門潰瘍(肛門狭窄)

裂肛を繰り返しているうちに肛門が狭くなり、太い便が出にくくなった状態のこと。

痔瘻

時期によって以下の2つに分類されます。

①肛門周囲膿瘍・直腸周囲膿瘍

直腸と肛門の境目の小さなくぼみ(肛門小窩)に軟便が入って細菌感染をおこし、膿が溜まったもの。

②痔瘻

肛門周囲膿瘍や直腸周囲膿瘍で溜まった膿が外に排出されて形成された、「膿の通るトンネルのような管」のこと。

肛門掻痒症

痔核、裂肛、痔瘻などが慢性化して、直腸の分泌物が出るようになり、肛門の周りが刺激されてかぶれたもの。

主な大腸の病気

大腸ポリープ

大腸の粘膜が、いぼ状に盛り上がったもの(隆起)です。大部分は良性ですが、放置しておくとがん化することもあります。
無症状のことが多いのですが、ポリープが大きくなると便に血液が混じることがあります。

大腸がん

大腸がん

大腸の粘膜細胞から発生した良性腫瘍であるポリープの一部ががん化してできるものと、正常な粘膜から直接がんが発生する場合があります。
早期大腸がんの場合は自覚症状がほとんどありません。進行するに従って血便、便秘や下痢、便が細い、便が残っている感じがするなどの症状を伴います。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜にのみ炎症を起こし、潰瘍やびらんが形成されます。下痢、血液や粘液や膿が混じった便が出るなどの症状を伴います。

クローン病

消化管に潰瘍ができたり、粘膜が腫れたりします。口から肛門までの消化管の全ての部分におこりえます。腹痛、出血、下痢を起こすなどの症状を伴います。

IBS過敏性腸症候群

小腸、大腸の運動および分泌機能の異常です。炎症や潰瘍などの病気がないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、ガスが溜まるなどの症状を伴います。

2015年6月以後の患者様の声
2014年12月以前の患者様の声
初診受付サービス

クリニック案内

医院名
医療法人社団悠啓会 いまにし胃腸肛門科
院長
今西 定一
住所
〒262-0015
千葉県千葉市花見川区宮野木台3丁目28-6
診療科目
胃腸科・肛門科・内科
電話番号
043-284-3101

関連施設

東京山手メディカルセンター
ローズマリー肛門・胃腸科クリニック

錦糸町駅前の、女医・女性スタッフによる肛門科胃腸科クリニックです